そう、それが言いたかった

2010年にpixivではじめての処女作、『who are the hero』を投稿する。who are the heroを完結後は小説家になろうに移動。現在、思春期の少年、少女がゾンビたちが蹂躙する日本で戦う『エデンプロジェクト』と、はてなブログでネット小説書籍化本の批評ブログ、『そう、それがいいたかった』を更新中。

スポンサーリンク

ヒナまつりについて

この前、ヒナまつりを最新刊11巻まで読破しました。

 

ヒナまつり

https://www.amazon.co.jp/dp/B00C40EU46/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

あらすじ

ある日、ヤクザの新田の家になぞの球体が出現。その球体から、一人の少女が現れる。彼女の名はヒナ。新田は追い出そうとするも、ヒナは超能力を使い部屋のものを壊そうとする。しかたなく、新田はヒナを娘として住まわせ、二人の奇妙な暮らしがはじまる。

 

あらすじだけみると、ふつうの話っぽいじゃないですか。違うんですよ。読んでるとですね。じわ〜っと面白いんですよ。

 

この漫画は基本1話完結のギャグ話の連続です。スゴイのは、この1話完結のギャグがちゃんと積み重なってキャラの成長、変化につながってるんですよ。

 

前の話のエピソードをちゃんと引き継いだ上で次の話をやるってのがうまいんですよね。

 

 オススメなんで、ぜひ読んでみてください。

 

スポンサーリンク